珍しい離婚の慰謝料をご紹介

法律って難しそう、実際裁判になっても何もわからなさそうと思っている人も多いのではないでしょうか。
法律を理解するためには、まずその基礎となる知識を学ぶことが大切です。


その後、個別具体的な法律の知識を上乗せしていけばよいのです。

まず、裁判において法はどのように適用されるのでしょうか。

つまり、裁判官は法律をもとにしてどのように判断していくのでしょうか。

裁判では法的三段論法という手法によって法が適用されます。法的三段論法とは、ある規範(例、他人の財物を窃取した者には、窃盗罪が成立する)があり、それに認定された具体的な事実(AさんはBさんの財布を盗んだ)をあてはめて、結論(Aさんに窃盗罪が成立する)を導くという議論の仕方です。


この三段論法を理解しておくことが大切です。次に、法律には実体法と訴訟法というものがあります。



実体法とは、法律関係を定める法律で、民法、刑法をはじめ、会社法、労働基準法などさまざまなものがあります。

訴訟法とは、裁判における手続を規律するもので、民事訴訟法や刑事訴訟法などがあります。


3つ目に、裁判では、法の解釈も問題となります。例えば、刑法に窃盗罪に関する条文がありますが、そこには、他人の財物を窃取した者には窃盗罪が成立することが書かれています。

しかし、例えば、AさんがBさんに財布を貸していて、それを返してほしいと思ったAさんがBさんのカバンからこっそり抜き取ったとします。
その財布は、他人の財物と言えるのでしょうか。

他人の、の解釈が問題となってきます。

このように、裁判では法の解釈が重要になってくるので、これも知っておくとよいと思います。
最後に、裁判では事実認定もとても重要です。

事実認定は証拠に基づき行なわれます。事実の証明の程度は、刑事裁判と民事裁判によって異なります。



刑事裁判では、疑わしきは被告人の利益に、と言われるように、合理的な疑いの余地のない程の証拠がなければ有罪にはなりません。



以上のような、法律の基礎的な事項を知っておくと、裁判がわかりやすいでしょう。


離婚 慰謝料に注目が集まっています。